受信情報の廃棄場

日々受信するサブカルの電波の感想を垂れ流す場です。気軽にお読みください。

「広く浅く」というゼネラリスト的取り組み方の利点

さて、日頃サブカルを愛し、消費している私ですが

所謂オールジャンルを嗜好するスタイルを取っております。

恐らく、こういう食べ方をしているから余計話が合う方が少ない

ということもあるのでしょうか…(汗)

ともかく、自分で言うのもなんですが

色々なジャンルのサブカルを取り込んでいるのです。

今回はご挨拶を兼ね、最近購入した物をご紹介したいと思います。

 

この素晴らしい世界に祝福を!10 ギャンブル・スクランブル!

暁なつめ:著 三鳩くろね:イラスト

 

f:id:sora1995430:20161030224445j:plain

 

アニメ二期の放送も決定し、注目度の高い作品の最新巻ですね。

やー、アニメ一話でこのすばを知ってから衝動買いしちゃったんですが

面白いですねー!!異世界で「生きてる!」って感じがする

一般市民的思考の主人公が冴えてますね。

 

3月のライオン 12

羽海野チカ:作

f:id:sora1995430:20161030225033j:plain

こちらもアニメ化が決定している作品ですね。

将棋という、ある種異質な業界で生きる主人公と

それを取り巻く登場人物達の心理描写がとにかく綺麗ですねー!

人間とは、こんなにも色々考えて生きているんだなぁ、と

改めて思わされた名作です。

 

O・ヘンリー傑作選Ⅲ 魔が差したパン

O・ヘンリー:著 小川高義:訳

f:id:sora1995430:20161030225547j:plain

O・ヘンリーの短編集ですね。これはⅢという表記の通り

短編集の三作目になっていますが

私はこれから手を出してしまいました(笑)

昔から訳された文というのが水に合っていたのか

海外の本は比較的多く読んでいるような気がします。

短い短編の中に、話を構成する際に必要な内容がきっちり収められ

なおかつ面白い、という綺麗な印象を受けました。

もし読まれる方がいらっしゃいましたら

傑作選Ⅰから目を通すのがベターでしょう(笑)

 

 

さて、ここまで、最近購入した本を三冊ご紹介させて頂きました。

ジャンルとしてはライトノベル、漫画、小説となっております。

 

※喧々囂々の議論が日夜なされていることは承知しておりますが

ここでは小説とライトノベル、双方を独立したジャンルとして

取り扱わせて頂きます。

 

ライトノベルを読む!という人と、小説を読む!という人は居ますが

両方を読んでいる方は少ない印象ですね。皆さんはどうですか?

今後はこのように年代、ジャンル問わずご紹介をさせて頂きたいと思いますので

宜しくお願いします。もしここで新たなジャンルとの出会いがあれば

これに勝る喜びはありません。

溢れる興味を以て、貴方もジャンルを跨ぐプレインズ・ウォーカーとして

目覚めてみませんか?同志の出現を心待ちにしております(笑) 讃岐